【スポット紹介:寝台列車】サンタクロースエキスプレス

実際に利用した寝台列車の紹介コーナーです。
今回利用したサンタクロースエキスプレスです。
(※2017年1月に利用した時の情報です)

なかなか快適!寝台列車

サンタクロースエキスプレスの車両
(車両)

ヘルシンキ=ロバニエミ間を往復利用しました。
フィンランド鉄道のHPから予約をしました。
英語の表記もあったので分かりやすかったです。
予約時に部屋を決めることができます。
予約が完了すると登録したメールアドレスに
QRコード付きのメールが送られてくるので印刷して持参すればOK!
検札の時にQRコードをみせれば車掌さんがスキャンしてくれます。

内観や設備について

サンタクロースエキスプレスの客室
(客室)

少しお値段は高くなりますが、
トイレ・シャワーがついている2階の部屋にしました。
ドアを開けるとトイレ、レバーを引いて洗面台を動かすと
シャワールームに早変わり!!
シャワーは1回ボタンを押すと30秒程お湯がでます。連続で押せます。
アメニティはなにもないので持参する必要があります。
トイレ・シャワーがついていない1階の部屋の場合は
共用シャワールーム・トイレがあります。

サンタクロースエクスプレスの客室内シャワー
(客室内シャワー)
サンタクロースエクスプレスの客室内トイレ
(客室内トイレ)
サンタクロースエキスプレスのベッド
(ベッド)

往復ともに階段をあがってすぐの部屋にしました。
ベッドの横に荷物が置けるスペースがありましたが、
おそらくこのスペースは
階段を上がってすぐの部屋にしかないと思います。
狭い室内ですので、荷物置きスペースは便利でした。
ベッドはなかなかの寝心地。
枕、掛け布団もちゃんとあり、清潔感もあります。
ベッドサイドには時計・アラーム・コンセントがあります。

サンタクロースエクスプレスの車両ドア
(車両ドア)

自分の予約している車両の番号と照らし合わせて間違いないように乗り込みましょう!
(私たちは間違えて別の車両に乗り込みましたw)

サンタクロースエクスプレスの食堂車
(食堂車)

食堂車もあります!軽食や飲み物が販売されています。
客室の小さい窓より大きい窓で、車窓の移ろいをコーヒー1杯でゆったり楽しむことができます!

アクセス情報

サンタクロースエクスプレスの先頭車両
(先頭車両)

出発はヘルシンキ中央駅から出発します。
出発の20分ほど前に車両はホームに入線します。
先頭車両等の写真を撮りたい方は少し早めに駅に行くといいと思います。
ロバニエミまでは約12時間の旅。
ぐっすり眠ったのであっという間という感覚でした。
雪景色や朝焼けもとてもキレイで、
運がよければ列車からオーロラを見ることもできるそうですよ!

ヘルシンキからサンタクロースエクスプレスに乗車した時の旅行記もありますので、ぜひご覧ください!

スポット紹介について

スポット紹介では、ゆーぢよが訪れた海外旅行先で利用したホテルや観光スポット、飲食店などの情報を独自の視点でご紹介しています。

Leave a Reply