【旅日記】フィンランド8日間~4日目~

2017年1月20日/ロバニエミ編

時間潰しに行った博物館の
充実っぷりにびっくり!
美味しい昼食を食べたけど
英語力のなさにがっくり。
でも寝台列車ではグッスリ♪

8:30–朝食

朝食会場

朝食会場は思ったより広々~
ゆーぢよの他に2組だけ来ました。

朝食会場

あまり期待してなかったのですが、
なかなか種類も多い!

サーモン美味すぎな朝食

なかでもサーモンが激ウマでした!

10:00–ホテル出発

列車の出発まで時間があるので
街中ををブラブラすることに。

ロヴァニエミのマック

まずは博物館へ。
世界最北だったマックを過ぎて
橋を渡ってすぐ右の小路に入り
そのまままっすぐ進むと見えてきます。

一昨日はこのマックの裏から
タクシーに乗りました。

10:30–博物館到着

博物館

入場料を支払い中へ。

博物館のロッカー

無料のロッカーがあるので、
上着やマフラーを入れて身軽になります♪

博物館の館内

縦長~い博物館。
アレ?何もない。。。と思いきや、

博物館の展示物

横の壁にあるドアをあけると
広ーい展示エリアがw
かなり充実した博物館です。

トナカイさん

ここでも名古屋の青年にバッタリ
「狭い町なので行く所が限られてますよね~」と
笑いあうw

13:00–博物館出発

博物館の外観

博物館を出ます。
建物の上を道路が通っている、
変わった作りです。

13:20–サンポセンター到着

サンポセンターの雑貨屋PENTIK

サンポセンターの中にある
雑貨屋さん【PENTIK】で
ランチョンマット等々を購入~
デザインがカワイイ!

お腹も減ってきたので、
オットゆんゅが事前に調べていた、
サンポセンターの裏手のカフェへ

13:30–昼食【Aitta Deli&Dine

昼食:Aitta Deli&Dineの内装

フィッシュボールセット、スープセット、
スムージーもおやつに代わり注文~
サラダとスープはセルフでどうぞ~、と。
スープセルフなら
2人ともフィッシュボールにすればよかったw

Aitta Deli&Dineのランチ

で、40分後、やっとフィッシュボールが来た。
でもスープとスムージーが来ない。
・・・意を決して「あの~スープ・・・」
「スープはそこのスープよ」・・・え?
フィッシュボールセットと100円程しか違わないのに
スープはセルフのスープ?
な~ぁんだw

Aitta Deli&Dineのランチ

「あ、あとスムージーも注文したんですが・・・」
「oh・・・」これは完全に忘れられていた様子w
注文から1時間。スムージーも来ました!
スムージー激ウマ!2個頼めばよかった~と、
話していると、店員さんがやってきて
「お詫びに好きなドリンクを選んで」と。
「いやいや申し訳ないので」・・・
なんていう英語も知らないし(苦笑)
言われるがままありがたくドリンクを戴く。

食事を終えてレジへ。すると「1名分は代金いらないわ」
これはさすがに・・・と思い、
首を横にフリ思いっきり日本語で
「いやいやいや・・・」と断る。
「こちらが悪いんだから」と。
英語は喋れないけど押し問答をするも
受け取っていただけず・・・

15:30–お店: Aitta Deli&Dine 出発

ありがとうをいっぱい言ってお店を後に。
(´・ω・`)「なんか申し訳なかったね~・・・」
(・∀・;)「英語話せるようにならないとなぁ・・・」
自分達の不甲斐なさにしょんぼりしつつ、
ロバニエミ教会を目指していると、
途中、公園を発見。

アングリ―バードの公園

それもアングリーバードの遊具ばかり!
誰もいなかったので遊んでしまいましたw

16:00–ロバニエミ教会到着

ロバニエミ教会

公園を出て少し歩くと教会に到着しましたが、
閉まっていました~・・・
しょうがなく来た道を戻ります。

16:20–中心街到着

再び戻ってきました。
お昼をいただいたお店【Aitta Deli&Dine】の
外観を撮り忘れていたので、パチリ!

お世話になったサンポセンター。
こちらも外観撮ってなかったw

16:50–ホテルに戻る

ロバニエミの街

荷物をピックアップしバス停へ。
ホテルを背にし右に歩くとすぐバス停です。
なかなかバスが来ませんw
寒い中待つのはツライ~と
思っているとバスが来ました。

17:30–ロバニエミ駅到着

ロバニエミ駅

すでに寝台列車サンタクロースエクスプレスが来ていたので早速乗車。

寝台列車サンタクロースエクスプレス

復路は部屋を間違えませんでしたw

18:03–ロバニエミ駅出発

駅を出発

静かーーに出発です。
運が良ければ寝台からも
オーロラが見られると聞いていましたが、
見られず。。。おとなしく就寝~

Leave a Reply